鼻づまり解消にお勧めのツボと漢方薬

私は鼻づまりに悩まされる季節を迎え、毎年のように服用している専用の薬を定期的に飲んでいるのですが、他に何か有効な手段があれば試したみたいと思っています。

そこで何か良い方法はないかとインターネットで情報を集めていると、私の側に立って一緒にパソコンの画面を眺めていた友人が「鼻づまりを和らげるツボを知っているんだが聞いてみる気はあるかい?」

と言い出しました。

「ツボというと、漢方などでよく聞く身体のツボのことかな」

私がそう反問すると友人は頷きます。

「以前から漢方や鍼灸には興味を持っていたので是非教えてくれ」

私は友人に頼み込みました。

「そうなのか。それならまず鼻づまりに効果のある漢方薬も教えておくよ」

そう言って友人は幾つかの漢方薬の名を挙げました。

「これらの漢方薬は確かに鼻炎に効き目はあるけれども、どちらかというと漢方本来の考え方に基づいて人間が元々持っている自然治癒力を高めることを主眼に置いている点が特徴なんだよ」

「それなら他の鼻づまり解決法と併用したほうがより効果があるよね」

「でも薬の複数服用は気を付けなければならないから付属の説明書をよく読んで出来れば専門知識を持っている人に相談すべきだよ」

友人はそう言いました。

友人は鼻づまりに苦しむ私にその解消効果に期待できるツボがあると教えてくれました。

「まずは目と鼻の付け根の間にあるツボだ。読書やパソコン画面の見すぎで目が疲れた時に思わず揉んでしまう部分だよ」

「ココは確かに頻繁に揉んでいる場所だ」

私は早速そのツボを刺激しました。

「いつもやっているように指の腹で強く抑えこんでしまえばイイよ。目の疲れもとれて一石二鳥だ。その次に挙げるツボは小鼻の左右だよ」

「ココかな」

私は顔の上で指の位置を移動しました。

「その辺りだよ。鼻の左右で窪んでいる所があるだろう。そこを強めに何度も押すんだ。鼻水が出やすくなってそれだけ呼吸が楽になるだろう」

「本当にそうだ」

私は試してみて鼻が詰まった状態が少し和らいだように感じました。

「その二つの部分が鼻づまりにはもっとも効き目のあるツボと言われているけれど他にも首の後ろ側や手の甲、足首部分にもお勧めのツボがあるよ。特に首の後ろの部分は刺激する場所を同時に温めるともっと良いよ。もちろんツボを押したからといって今日明日に悩みが解消するわけではないけれど、根気強く刺激を続ければ次第に効果が現れてくる筈だ」

友人の教えを聞いて私は早速今日から実行しようと思いました。